東日本大震災の実話をもとにした映画『遺体 明日への十日間』で観る真実
イチオシ
2021.04.04 12:40
本業の傍ら、地域の方々をサポートする民生委員としても活動されている介護ジャーナリストの小山さんが紹介してくれたのは、映画『遺体 明日への十日間』。東日本大震災直後の釜石市で、民生委員を努めていた主人公は、遺体安置所となった体育館を訪れます。そこで起きていた真実とは――。…

あわせて読みたい

人の死なない防災教育を実践し、『守れた』が教訓になる社会を目指して
CAMPFIRE
未だ見つからない遺体と、残された家族が直面する厳しい現実
現代ビジネス
ラグビーW杯で加速した復興、釜石が挑む新たな課題
Wedge[国際]
「霊体験」に隠された被災地の病理~ただの不思議体験ではない
現代ビジネス
津波で亡くなった母の遺体は、別人のものだった
現代ビジネス
今年の私たちのCHALLENGE STORY3.11は「大人になった、東日本大震災の子ども達」
STORY
小中学生の生存率99.8%は奇跡じゃない
Wedge[国内+ライフ]
3.11を忘れない……いま、映画を通じて東日本大震災と向き合う
ニッポン放送 NEWS ONLINE
『アルバムのチカラ 増補版』刊行記念、藤本智士×浅田政志オンライントークイベント
IMA ONLINE
災害に遭った写真やアルバムを救おうとした人たちの光の記録『アルバムのチカラ 増補版』写真は浅田政志
IMA ONLINE
東日本大震災の発生から8年。井上貴博、ホラン千秋らが被災地の“今”を取材
TVガイド
「地震がきたら“必ず次は津波がくる”」震災経験者が語る、地震がきたときの“心構え”とは?
TOKYO FM+
NHK、フジテレビ、ヤフーが共同企画。災害時にメディアは何ができるのか
TVガイド
のん、サンドが東日本大震災発生当日の記憶を語る「あの日、何をしていましたか?」
TVガイド