【期間限定】軽井沢幻の三笠ホテルカレーパンが東武百貨店池袋店「信越・北陸展」にてお買い求め頂けます!
PR TIMES
2021.03.26 16:06
株式会社RAVIPA
株式会社RAVIPA(代表取締役新井亨 東京都豊島区)の運営するELOISE’s Cafe軽井沢本店では、2021年3月25日(木)~30日(火)の期間、東武百貨店 池袋店(東京都豊島区西池袋1丁目1−25)「信越・北陸展」において軽井沢幻の三笠ホテルカレーパンを販売しております。
2010年「食」を通じて「軽井沢の歴史を観光客に感じてもらいたい」という想いから軽井沢町内の飲食店13店舗が集まり、三笠ホテルカレー復活プロジェクトが発足。
実際に三笠ホテルで働いていたシェフの協力も得ながら、復活させたのが、三笠ホテルカレーとなります。
復活した三笠ホテルカレーを贅沢にフワフワの生地に包み、サッと揚げた最高級のカレーパン。外はサクサクで中はとろけるカレーが熱々でお楽しみ頂けます。お立ち寄りの際は是非お買い求めください。

期間3月25日(木)~30日(火)
各日19時終了
場所
東武百貨店 池袋店 8階=催物場
〒171-8512
東京都豊島区西池袋1丁目1−25
株式会社RAVIPAではネット通販を通じて三笠ホテルカレーの販売も行っております。
三笠ホテルカレーは現在の累計販売数は20万食を突破しており長野県のふるさと納税の返礼品として採用されるなど軽井沢を中心として全国の方から沢山の支持を受けております。

つきましては、実店舗での販売も展開し一人でも多くの方に
歴史ある三笠ホテルのカレーをお試し頂きたいと考えております。

▼三笠ホテルカレーの紹介
三笠ホテルは1906年に長野県軽井沢に建てられてから、渋沢栄一や大隈重信など多くの文化人や財界人が利用したことで知られており「軽井沢の鹿鳴館」と呼ばれていました。現在は、国の有形重要文化財として残っています。
<写真/土屋写真館>

▼三笠ホテルカレー(楽天公式ページ)
▼さとふる
▼三笠ホテルカレー公式ページ
株式会社RAVIPA飲食事業部
■会社概要
社名:株式会社RAVIPA(ラヴィパ)
本社:〒東京都豊島区池袋2丁目43−1 池袋青柳ビルB1F
代表取締役:新井 亨

■本件に対するお問い合わせ
株式会社RAVIPA(ラヴィパ)
広報担当:渕名 陽介

あわせて読みたい