東信と丸若屋によるプロジェクト「花器研究所」が始動! 第一弾は名窯・辻精磁社の花器
Numero TOKYO
2015.07.06 14:19
本誌連載でもお馴染み、フラワーアーティストの東信による「AMKK(東信、花樹研究所)」と、日本の物作りに精通する「丸若屋」がタッグを組み、「花器研究所」を展開。花と器という二つの側面から様々な「花器」に注目。そこに現代の感性を付与することで、その本質的な価値を再発見し、世の中に問うことを目的として発足されたプロジェクトとなっている。

「花器研究所」のプロジェクト第一弾は「Eight Kunshi…

あわせて読みたい