あなたのライフスタイルを変えるきっかけに ~おしゃれでサステナブルな服|「たつけ」の魅力~
Public Mind < > antenna*
2021.02.25 00:00
お仕事やお出かけからリラックスタイムまで
幅広く使える「たつけ」
このズボン、「たつけ」といいます。
スリムできれいなラインでありながら、ウェスト周りがたっぷりとして動きやすいズボン。定番の「コットン藍染ダーク」なら濃紺のシンプルな色合いで、「お仕事やお出かけ」から「リラックスタイム」まで幅広く使えると思います。
横から見ると、ウェスト周りがゆったりしていることがよくわかります。

どうしてこんな形をしているのか?
実は、たつけのカタチには理由があります。
古くて新しい。「たつけ」のコンセプト
たつけを提供する石徹白洋品店の店主、平野馨生里さんは次のようにおっしゃっています。

「普段私たちが着ている洋服はカラダに合わせてカーブを描き、四角い布を刻む洋裁でつくられます。四角をカラダに合わせてカーブで裁断するので、どうしても無駄な部分が出てしまうつくり方です。いまでこそ私たちは洋服を着ていますが、数十年前までは和服でした。和服といっても、いわゆる着物だけでなく、ズボンのような形の野良着を着ることがありました。地域によって呼び名は異なりますが石徹白では『たつけ』と呼びます。農作業や山仕事がしやすいように動きやすくて機能的な『たつけ』は和裁で直線裁ち。布を一切無駄にしないつくり方です」
たつけのカタチの理由。それは「①農作業や山仕事がしやすい動きやすさ」、そして「②布を一切無駄にしないつくりかた」にあるのです。

平野さんの言葉は続きます。

「洋服とは発想が逆で、人が麻などを畑で栽培するところから始めて、織り上げた貴重な布に合わせて無駄がないようにつくります。自然資源とともに生きていく中で積み重ねてきた日本人の知恵です。縄文時代からずっと培ってきたこのサスティナブルな考え方を世界中の人々に伝えたいと思っています」

縄文時代から続くサスティナブルな思想でつくられた「たつけ」「古くて新しい」石徹白洋品店の「たつけ」が、今、感度の高い方々を中心にじわじわと注目を集めています。
藍甕や自生植物で手染めされた
オーガニックな生地
サスティナブルに縫製される「たつけ」は、生地も特徴的。
国内で藍染された生地だけでなく、石徹白の藍甕で1枚1枚手染めした生地を使って仕立てています。
平野さんは藍染について次のようにおっしゃっています。

「もともと石徹白に昔からあった服を教科書として服作りをしているのですが、その中に藍染の服がありました。藍は防虫効果を持ち、染めたところだけ虫に食われずに残っていたりしました。藍染は虫除けマムシ除けの効果も持ち、とても合理的な染め方です。“石徹白にも大正時代には藍畑があった”と聞いていて、寒冷地の石徹白でも染めができるのだと、藍染を始めました。お師匠さんにも恵まれて、藍染に取り組むことを決めました。藍を畑で育てるところから始め、ようやく今年から、自分たちで栽培した葉っぱで染めができるようになりました」

石徹白という地域の歴史に学んで取り組まれている藍染のたつけ。濃紺や中紺、深いグリーンや生成などのカラーリング、生地もコットンとリネンなど幅広いバリエーションで、あなたに合った「たつけ」をお選びいただけます。
草木染もあります。
こちらのナチュラルイエローのたつけは、石徹白に自生しているセンダングサで染めています。
石徹白洋品店では、たつけ以外にも草木染のスカートやチュニックも提供しています。

ナチュラルな色合いの草木染。平野さんは次のようにおっしゃっています。

「“石徹白ならでは”のものを作りたいと思い、一般的な草木染めとは違って染め材を購入するのではなく、ここにある植物を採取するところから染めを行っています。大まかな色は想定していますが、それと違った色が出ても、それはそれで新しい発見と思って喜んでいます。自然に合わせてつくろうと考えています。同じ種類でも場所や季節が異なれば色も変わります。それも醍醐味だと思っています」

次々と新色が発表されていますが、どれも石徹白にある草木をもとに染められた、まさに「ナチュラル」な色合いです。
あなたのライフスタイルを変えるきっかけに
いかがでしたか? 石徹白洋品店の「たつけ」。

縄文時代から続くサスティナブルな思想に基づいて作られた「古くて新しい」服です。

最近よく聞くSDGs(サスティナブル・デベロップメント・ゴールズ:国連が定める持続可能な開発目標)をはじめ、世界中でサスティナブル(持続可能)がキーワードになっています。あなたが今着ている服も「サスティナブルかどうか?」という観点で一度見直してみるとよいかもしれません。

石徹白洋品店の「たつけ」であなたのライフスタイルを変えるきっかけにしてみませんか?
《お知らせ》石徹白洋品店のイベントが開催されます。
ぜひ「たつけ」に触れてみてください。
石徹白洋品店 春夏の服展 2021
■東京
日時:2021年3月25日(木)~30日(火)11:00~20:00
(※最終日は18:00終了)
場所:渋谷ヒカリエ 8F ATELIER 東京都渋谷区渋谷2丁目21-1

■神戸
日時:2021年4月9日(金)~11日(日)11:00~20:00
(※最終日は18:00終了)
場所:モダナークギャラリー 神戸市中央区北長狭通3丁目11-15
トアウエストアパートメントビル
協賛:文化振興ネットワーク

あわせて読みたい

「200年の色」染師・志村宏のインド染色紀行|おおらかなインドの藍染
婦人画報
地域の植物を使った草木染、藍染を行い、自然素材を生かした服作りに取り組む石徹白洋品店
sotokoto online
洋菓子専門店「ラ・メゾン白金グラン」に旬の桃を使った新作ケーキが登場!
PR TIMES Topics
日本の伝統素材を使った美しいソファ!藍染めの刺し子柄×楢に漆塗りがシックです
Precious.jp
先人たちが積み重ねてきた日本の藍の歴史を体験してみた / 徳島県板野郡藍住町の「藍の館」
GOTRIP![国内]
英国発のフレグランスハウスより3種の香りが試せる!2つのコレクションセットが登場!
PR TIMES Topics
【岐阜県】岐阜県・石徹白発、農作業着から生まれた日常着の美しさ
コロカル by マガジンハウス
涼をもたらす、淡く透き通った夏の色【甕覗(かめのぞき)】京都のいろ・葉月 第15回
家庭画報
ランニングに欠かせないあるモノとは?野口みずきさんが教える「無理しないランニング習慣」のつくり方
antenna
四季折々の色をまとう。Veriteco アクセサリー ーSUSTAINABLE DESIGN
sotokoto online
世界一のデニム生産地で|100万円のフルオーダージーンズを
THE RAKE
元トップアスリートに学ぶ「ランニング」で毎日を輝かせる方法。心も体もアップデート!
antenna
日本の伝統色「藍」にこだわった正藍染の数珠・ブレスレット「藍珠」 京都の老舗珠数屋、神戸珠数店から販売開始!
PR TIMES
大河でも注目!藍染が付録でできちゃう?話題の簡単藍染とは
Sheage
「お茶と酒 たすき」の手土産ブランド『YO KAN KA』、夏が旬のマンゴーやココナッツを使った新商品が登場
PR TIMES Topics
47都道府県のファッションをテーマにした展覧会「着る47展」開催
IGNITE[トレンド]
春の装いのポイントに。柔らかな色と質感が上品なストール特集
Sheage
マセラティの新型SUV【レヴァンテ ハイブリッド】がジャパンツアーを開催!
antenna*
現代の暮らしを映す“用の美”に触れる。徳島県・徳島市「藍ハンカチ」_わたしの町の民藝ちゃん【連載】
OZmall
松本幸四郎夫人・藤間園子さんが案内する「吉野間道」の魅力
家庭画報