今をときめくピアニスト・藤田真央さんにとっての“チャイコフスキー”とは?
家庭画報
2021.01.13 04:45
私たちの心に寄り添うチャイコフスキー 第6回(全9回) 2020年に生誕180周年を迎えたピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(1840~1893年)。時に甘く、時に悲しく、深く、語りかけるその音楽は、子どもから大人まで聴く者の心をとらえて離しません。本特集では、彼が生前暮らした家や資料、チャイコフスキーに魅了されたかたがたの言葉から、チャイコフスキーの心の奥底、その音楽の真髄に迫ります。前回の…

あわせて読みたい

「『くるみ割り人形』ほどダンサーの力を引き出す曲はない」斎藤友佳理さんが語るチャイコフスキー
家庭画報
髙橋大輔さん、檀 ふみさん、茂木健一郎さん、宮本亞門さんが熱く語る「チャイコフスキーに魅かれる理由」
家庭画報
貴重なポートフォリオから知る。チャイコフスキーの日常と19世紀後半のロシア
家庭画報
小林研一郎さんが語るチャイコフスキーの聴きどころ。「哀歌と民謡こそが真髄」
家庭画報
千住真理子さんが語るチャイコフスキーの魅力。「色彩豊かなドラマに心躍らせて」
家庭画報
【一柳富美子さん×沼野雄司さん】音楽学者が語り合う「チャイコフスキー再発見」
家庭画報
「白夜祭」の生みの親、芸術総監督ワレリー・ゲルギエフに特別インタビュー
家庭画報
龍角散 スペシャル ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクール ガラ・コンサート
PR TIMES
チャイコフスキーが最後に辿り着いた安住の地、クリン
家庭画報
サッカーW杯だけじゃない!? バレエ、演劇、オペラ、グルメ、アート… 2018年はロシアが熱い!!
Walkerplus
芸術都市サンクトペテルブルクが誇る美しき「白夜祭」へ
家庭画報
【福島県】復興の架け橋に! 福島の青年50名によるオーケストラ〈福島青年管弦楽団〉が東京公演を開催
コロカル by マガジンハウス
生誕120年! コルンゴルトのロマンティックな傑作
J-WAVE NEWS
第一線で活躍する演奏家が情熱を注ぐ「新しい音楽教育」を日本中の子供たちに届けたい
CAMPFIRE