ワクチンは決定打にはならない - 疫病と投資
ダイヤモンド・オンライン
2020.12.09 02:48
2019年に中国で発生した新型コロナウィルス(COVID-19)は、2020年に世界中で大流行し、いまだに収束する気配がない。
日本政府はGo Toキャンペーンに熱心だが、季節が冬に向かうのに合わせてか、感染者が激増している。
ヨーロッパでは再びロックダウンに踏み切る地域も出てきた。
経済アナリストであり、歴史にも詳しい中原圭介氏は、この状態が長引く、あるいは収束してもすぐに次のウィルスが現れると…

あわせて読みたい

ポストコロナの世界が見えてきた米国、インドの回復者を襲う「黒い菌」の脅威:新型コロナウイルスと世界のいま(2021年5月)
WIRED
後遺症や再感染の研究が加速、イスラエルでは「接種証明書」の問題も浮上:新型コロナウイルスと世界のいま(3月)
WIRED
必要なのは品格と○○。MEN’S EX編集長が教える時計の選び方
antenna*
ファイザー製コロナワクチン、接種は「3回目」以降も必要
Forbes JAPAN
変異株と闘う世界で進むワクチン接種、3回目の追加接種を模索する動きも:新型コロナウイルスと世界のいま(2021年4月)
WIRED
知るときっと世界が広がる!ヤシノミ洗剤から始めるハッピー生活
antenna*
なぜ日本のコロナ重傷者・ 死亡者は少ないのか? - 疫病と投資
ダイヤモンド・オンライン
「新型コロナワクチン接種する?しない?理由は?」を調査【1052人アンケート結果】
ヨガジャーナルオンライン
必要なのは品格と○○。MEN’S EX編集長が教える時計の選び方
antenna*
感染者激減した「イギリス」から日本が学べる事
東洋経済オンライン
欧米でパンデミックの状況が悪化、次々に発表されたワクチンの効果は?:新型コロナウイルスと世界のいま(2020年11月)
WIRED
必要なのは品格と○○。MEN’S EX編集長が教える時計の選び方
antenna*
若年の新型コロナウイルス感染者、ブラジルで死者が急増
Forbes JAPAN
ワクチン接種拡大による気の緩み、未成年の感染者増加の誘因に
Forbes JAPAN
ヤシノミ洗剤を使って、次の世代に「より良い地球」をつなげよう
antenna*
新型コロナの感染爆発は 中国の「春節」で起こった - 疫病と投資
ダイヤモンド・オンライン
「ワクチン危険」は嘘?予防接種を受けるvs受けないリスク
All About
髪のくせやうねりに悩む人、必見!多部さんの気持ちが揺らがないフラットな毎日とは
antenna(flat)
10年後、いや5年後? 次に来るパンデミックの恐怖 - 疫病と投資
ダイヤモンド・オンライン
『日本脳炎の副反応』発熱やその他の症状は?数日後に出ることは?【医師監修】
Milly