ホンダ「アコード」の決断
東洋経済オンライン
2013.03.19 07:30
ボンネットとトランクを持つ5人乗りのクルマ。昭和の日本では、乗用車といえばセダンが定番中の定番だった。ところが平成に入るとミニバンやコンパクトカー、SUV(スポーツ多目的車)など車種の選択肢が広がり、今や国内乗用車市場、特に日本車でセダンを選ぶ消費者は圧倒的な少数派になってしまった。

トヨタ自動車「マークⅡ」が「マークX」に、日産自動車「ブルーバード」が「シルフィ」へと名前を変えたことに代表され…

あわせて読みたい

このカッコ良い新型シルフィが来年上陸!? 日産セダン戦略の行方 国内2位奪還へ
ベストカーWeb
なぜそうなる!? 温故知新はどこに!? 失敗した「平成の名車の後継車」5選
ベストカーWeb
え…これでいいのか? 続々生産終了!! 揺れるホンダの国内戦略
ベストカーWeb
トヨタ「クラウン」は、憂鬱を脱したのか
東洋経済オンライン
名門セダンはなぜ見限られた? クラウンだけが売れる理由
ベストカーWeb
クラウンだけが孤軍奮闘 ニッポンのFRセダンが凋落した理由
ベストカーWeb
トヨタ「10代目カムリ」、発売1年の通信簿
東洋経済オンライン
売れてないのになぜ!? メーカーが作り続ける不人気車のなぞ
ベストカーWeb
【カローラがまさかの販売首位奪還!!】「昭和の車」 が根強く支持される理由
ベストカーWeb
衰退セダンに復活の時は近し!? ミニバンに喰われた伝統セダンの生きる道
ベストカーWeb
【月販9万台超!??】日本では地味なのに世界では超メジャーな国産車 5選
ベストカーWeb
なぜ消えた!? かつて若者の憧れだった日本のお家芸「走りのセダン」 5選
ベストカーWeb
2018年に消えた愛すべき絶版車とその功績 5選
ベストカーWeb
トヨタ・カローラ 海外の評価、ひと味違う 中国/アメリカ/東南アでの歴史と立ち位置
AUTOCAR