【青森屋】ねぶたに守られ、邪気を払う「ねぶた邪気払いプラン」登場|期間:2020年12月1日~2021年3月31日

星野リゾート
2020.11.04 10:42
青森の文化を満喫できる宿「星野リゾート 青森屋」に、2020年12月1日から2021年3月31日まで、ねぶたに守られ、邪気を払う「ねぶた邪気払いプラン」が登場します。ねぶたは病魔や穢(けが)れを払い、無病息災を祈る行事が始まりと言われています。このプランでは、客室「青森ねぶたの間」での宿泊、ねぶた絵をなぞり心が落ち着く「ねぶた写し絵」など、ねぶたを身近に感じながらゆったりとした時間を過ごし、心身にまとわりつく邪気を払う滞在ができます。
「ねぶた邪気払いプラン」の特徴4つ
1 室内に設えたねぶたが邪気を払う客室「青森ねぶたの間」
2 ねぶた絵をなぞり、心が落ち着く「ねぶた写し絵」
3 温泉に入浴し、穢れを払う「ねぶり流し灯篭」
4 音を鳴らし、空間を清める「手振り鉦(がね)演奏体験」
1 室内に設えたねぶたが邪気を払う客室「青森ねぶたの間」
青森ねぶたの間の寝室には、仏教世界において東西南北を守る四天王である持国天(じこくてん)、広目天(こうもくてん)、増長天(ぞうちょうてん)、多聞天(たもんてん)のお面が設えられています。四天王は、仏法の敵である邪鬼(じゃき)を睨みつけていると言われます。これらのねぶた面に守られているように過ごせます。
2 ねぶた絵をなぞり、心が落ち着く「ねぶた写し絵」
除災招福(じょさいしょうふく)、悪魔退散などのご利益があると言われる不動明王を描いたねぶた絵を客室に用意しています。これは、当プランのための、ねぶた師の書き下ろしです。ねぶた絵に薄紙を重ね、一筆一筆集中してなぞることで心が落ち着きます。
3 温泉に入浴し、穢れを払う「ねぶり流し灯篭」
青森ねぶた祭の起源となった「ねぶり流し」は睡魔を払い、穢れを川や海に流す行事のことです。青森屋では、このねぶり流しを冬の露天風呂で表現します。入浴前に書いた願い事は、小灯篭に入れ、ねぶたの周りに浮かべられます。ねぶたは北方の守り神「毘沙門天(びしゃもんてん)」です。毘沙門天は、知恵や開運をもたらす神として信仰されてきました。ねぶたを眺めながら願い事に思いをはせ、雪見露天を楽しめます。
■時間:5:00~24:00(ライトアップ時間:18:00~24:00)
■願い事受付時間:15:00~21:00
4 音を鳴らし、空間を清める「手振り鉦演奏体験」
鉦や鈴、太鼓などの音色は邪気を払い、空間を清める力があると言われています。ねぶた祭りのおはやし演奏に使われる手振り鉦で邪気払いができるよう、客室に楽器とレクチャー動画を用意します。動画では、手振り鉦の持ち方、たたき方、リズムや掛け声をスタッフがレクチャーします。動画内で流れる見本の演奏に合わせて鉦を鳴らし、邪気を払います。
滞在スケジュール例
<1日目>
15:00 チェックイン
15:30 青森ねぶたの間で寛ぐ
16:00 ねぶた写し絵を体験
17:00 手振り鉦演奏体験
18:30 夕食 ビュッフェレストラン「のれそれ食堂」
20:30 青森四大祭りのショーを鑑賞(当日要予約)
21:30 ねぶり流し灯篭に入浴
<2日目>
07:00 朝食 ビュッフェレストラン「のれそれ食堂」
10:30 チェックアウト
「ねぶた邪気払いプラン」概要
■期間    :2020年12月1日~2021年3月31日 ※3月30日チェックインまで可
■料金    :30,800円~(2名1室利用時1名あたり、税別)
■含まれるもの:客室「青森ねぶたの間」での宿泊、夕食、朝食、ねぶた写し絵、手振り鉦演奏体験
■定員    :1日1組3名まで
■予約    :公式サイト(https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/aomoriya/)にて7日前までに要予約
その他のねぶたの体験
「青森四大祭りのショー」でパワーチャージ
青森屋では、青森ねぶた祭をはじめとする「青森四大祭りのショー」を公演しています。実際の祭りで運行された山車も展示された華やかなステージで、スタッフが力強い演奏をします。夏祭りさながらの熱気につつまれた迫力あるショーを観覧し、パワーチャージできます。
■時間:20:30~ ■所要時間:約40分 ■場所:みちのく祭りや
「みちのく祭りや」では、以下のコロナ対応を行っています。
・1,000名定員の会場を最大260名までの入場数に制限
・会場は常時換気を実施
・ソーシャルディスタンスを確保した座席レイアウト
・座席やテーブルのアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・運営、演奏するスタッフはマスクまたはフェイスガードを着用。また、健康・衛生管理を徹底
・会場内の入退場時の混雑状況を管理し、適宜、入退場時の分散化を実施
<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
関連資料:【星野リゾート】コロナ対策まとめ
星野リゾート 青森屋
「のれそれ(*青森の方言で目一杯の意味)青森~ひとものがたり~」をコンセプトに、青森の祭りや方言などの文化を満喫できる温泉宿。約22万坪の敷地内には、池や古民家の点在する公園もあり、食事や多彩なアクティビティを楽しむことができます。
青森県三沢市字古間木山56/客室数236室
https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/aomoriya/

あわせて読みたい

青森好きが独断で選ぶ「青森旅行で絶対もう一度行きたいおすすめの場所」TOP5
CanCam.jp
きっと世界一心ときめく防災ライト。「APPLE LIGHT」がかわいすぎる…
CanCam.jp
QUALITY OF LIFEを高めてくれる、すべての女性に寄り添ったダンスキンのウエア。
antenna*
【リゾナーレ那須】米ぬかや籾殻(もみがら)を使用した発酵肥料、ぼかしであたたまる 「ぼかしバスタイム」初開催|期間:2023年1月11日〜3月15日
星野リゾート
徳島県《阿波おどり》 400年の歴史を持つ世界屈指の盆踊り大会|改めて知っておきたい日本の祭り
Discover Japan
羊文学・塩塚モエカ「全部タワレコの視聴機から教わった」 野村訓市と“ジャケ買い“を語る
J-WAVE
【青森屋】青森ねぶた祭の起源「ねぶり流し」を再現した 絶景雪見露天「ねぶり流し灯篭」実施 ~今冬は新しい山車「雷神」が登場します~|期間:2022年12月1日〜2023年4月2日
星野リゾート
【青森屋】7体のねぶた七福神が出迎え、福を招くイベント 「わっつど開運まつり」開催|期間:2022年12月1日~2023年4月2日
星野リゾート
「SAGAn BEAUTY」ってなに? 佐賀って「コスメのまち」だったんだ!
antenna*
青森県×JAL×星野リゾート共同企画 羽田空港=三沢空港の4便化定着を目指す 「のれそれ青森旅キャンペーン」第二弾実施|日程:2022年9月1日~11月30日
星野リゾート
「非日常の旅」って最高の癒しだ。「心の充電0%」で青森に行ったら超元気になれた話
CanCam.jp
【敏感肌の方、1万人に当たる】ユースキン シソラおためしセットでスキンケアを
antenna*
【青森屋】冬の公園で心も体も温まるアクティビティ 「足湯でスコップ三味線」今年も実施 ~祭りばやしのリズムに合わせて叩く演奏会でさらに盛り上がる~ |期間:2022年12月1日〜2023年4月2日
星野リゾート
【青森屋】方言づくしの滞在で青森の方言の習得を目指す宿泊プラン 「けっぱれ!あおもリンガル合宿」提供 ~学ぶ、聞く、書く、話すで青森の方言を身につける~|期間:2022年12月1日~2023年4月2日
星野リゾート
飲むチーズケーキ専門店 『star cheese』が 『ギルティフード専門店』としてメニューをリニューアル
PR TIMES Topics
【青森屋】青森の雪景色を眺めながら食事と地酒が楽しめる観光列車 「酒のあで雪見列車」運行 ~青森ならではの飲み方で地酒を堪能~| 運行日:2023年2月4日、5日、11日、12日、18日、19日、25日、26日
星野リゾート
青森ねぶた祭で1日3組限定のプレミアム観覧席が登場!日本の祭り過去最高水準の金額設定。(※当社調べ)
PR TIMES
青森ねぶた 祭り史上最高水準(※)の金額設定の観覧席利用客が特別な一夜を堪能。地域経済や祭りの担い手に収益還元が購入の決め手〈事後レポート〉
PR TIMES
ラッセラー!重要無形民俗文化財“青森のねぶた”が飛び出す絵本に!!地元の老舗・時田製本印刷から新商品が誕生
PR TIMES