「使えない弁護士」が珍しくなくなった根本背景
東洋経済オンライン
2020.11.02 07:10
長らく文系資格試験の最高峰だった司法試験が、いま大きな岐路に立たされている。

2000年代初頭の司法試験は受験者数4万人超に対して、合格者数は約1500人。合格率約3%と、名実ともに超難関だった。

だが、直近の2019年では、受験者数約4500人に対し、合格者は同じく約1500人。今や3人に1人が合格する試験へと変貌を遂げている。

『週刊東洋経済』は11月2日発売号で、「激変 弁護士」を特集…

あわせて読みたい