2021年改正法施行「シニア雇用」で手遅れにならないため、企業が今知るべきこと
新刊JP
2020.10.16 20:00
高齢化が進む日本社会において、「何歳まで働くか」「何歳まで働くことができるか」は個人にとって大きな問題であると同時に、その受け皿となる企業にとっても無視できない問題になっている。

その大きな転換点が2021年4月にやってくる。
「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」の改正法が施行され、65歳から70歳までの高年齢者の就業確保について

・定年引き上げ
・継続雇用制度の導入
・定年廃止
・労使で同意した上での雇用以外の措置(継続的に業務委託する制度、社会貢献活動に継続的に従事できる制度)
のいずれかの措置を講ずることが企業の努力義務になるのだ。

ところが、国内企業のシニア人材活用は、60歳から65歳への定年延長ですら、実践しているのは2割ほどと、ほとんど進んでいないのが現状だ。その状態でも政府はシニア雇用を推進しているため、人件費負担や健康管理、人材の活用方法など、企業の負担は増えるばかりである。

あわせて読みたい

ホンダの定年延長、「割を食う」のは誰なのか
東洋経済オンライン
「70歳まで就業」現実化で、あなたが今こそ意識すべきことは何か - News&Analysis
ダイヤモンド・オンライン
シニア人材の活用をお考えの企業労務担当者様向け!『人手不足を円満解決 現状分析から始めるシニア再雇用・定年延長』発売!
PR TIMES
「70歳定年」で30~40代の昇進が絶望的な理由
東洋経済オンライン
韓国では65歳、日本では70歳、定年延長の議論が本格化 - 金 明中(キム・ミョンジュン ) 韓国を読み解く
Newsweek
ホンダが定年延長でシニアを戦力化した理由
東洋経済オンライン
70歳就業法案閣議決定~全世代が働きやすい環境と数字だけでない実質が必要
ニッポン放送 NEWS ONLINE
50代必見!定年過ぎても会社に残れる人・評価される人
All About
コロナ禍や法改正が待ったなしで変えるシニア労働市場でニーズに応えたい。シニア副業紹介を始めた背景とは?
PR TIMES STORY
「65歳まで全員雇用」で企業、個人はどうなる
東洋経済オンライン
どうする?高齢者を雇用するときの労務リスク管理
All About
経営者側は「60歳定年後も働く人」をどう考えている?
All About
「高齢になると賃貸に住めない」問題に備えて私たちが準備すべきこと
現代ビジネス
かつては55歳が主流! 定年退職の平均年齢はいくつ?
All About