日本交通タクシーが提案するウィズコロナの観光のかたち 「隈研吾 建築ツアー in Tokyo」運行開始
PR TIMES
2020.10.09 09:00
日本交通株式会社
世界的建築家の建築をタクシーで巡り、東京の現在を探る!


日本交通株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:若林泰治、以下日本交通)は、隈研吾建築都市設計事務所監修のもと、タクシーで都内の隈建築を巡る「隈研吾 建築ツアー in Tokyo」を2020年10月16日(金)より実施します。2020年10月12日(月)より予約受付を開始します。
隈研吾氏 Photo (C) J.C. Carbonne
サニーヒルズ南青山とEDS観光タクシー(イメージ)
代表的建築物をまとめて鑑賞し、隈氏の世界観を味わう

続々と新しい建築物が誕生する首都、東京。中でも世界的建築家・隈研吾氏は国立競技場をはじめ、美術館や駅など様々なランドマークとなる建物の設計に携わっています。このツアーでは、東京観光の専門資格を持った日本交通のEDS(エキスパート・ドライバー・サービス)(R)観光担当乗務員が、隈研吾建築都市設計事務所による解説をもとに、その見どころ、デザインやエピソードをご案内します。多様な隈建築、隈氏の世界観を通じて、いつもと違った角度から最新の東京をご覧いただけます。

タクシーはウィズコロナの観光に最適

タクシーはドアtoドア、人混みを避けたプライベート空間で移動ができる利点があります。また日本交通では、乗務員のマスク着用、手洗い・うがいの徹底、車内除菌清掃、窓開けによる換気など、感染症予防の対策を徹底しています。タクシー観光は各所を効率よく回るだけではない、ウィズコロナにおける新しい東京観光のスタイルです。

見学地の例

国立競技場(※1)、JR高輪ゲートウェイ駅(※2)、瑞聖寺、明治神宮ミュージアム、根津美術館、サニーヒルズ南青山、梅窓院、隈研吾建築都市設計事務所ほか、ご希望に応じて決定します。
(※1)大成建設・梓設計と共同設計
(※2)デザインアーキテクトとして駅舎デザインで協働
明治神宮ミュージアム(イメージ) 写真提供:明治神宮ミュージアム
サニーヒルズ南青山(イメージ)写真提供:サニーヒルズ
サービス概要

受付開始日: 2020年10月12日(月)
運行開始日: 2020年10月16日(金)~2021年10月(予定)
発着地: 出発地または最終到着地は東京23区・武蔵野市・三鷹市に限ります。
主な見学地: 事前にお客様のご要望をお伺いして運行コースを作成します。
料金: 3時間15,220円~ 以降30分毎に2,470円
※有料道路料金、入館料、お食事代等はお客様のご負担となります。
車種: アルファード(乗客定員6名、密を避けるために4名推奨)、またはジャパンタクシー(乗客定員4人、密を避けるために2名推奨)
※ご予約人数と稼働状況により手配いたしますので、車種の指定はできません。
予約方法: EDSホームページまたはお電話にて申し込みください。
EDSお申し込みページ 
※お申し込みフォーム「その他」欄に、「隈建築ツアー希望」とご記入ください。
電話 03-6265-6270(受付時間 9時~17時)
備考: 日本交通タクシーの新型コロナウイルス感染予防対策については以下のページをご覧ください。
隈研吾建築都市設計事務所について
日本交通 EDS(エキスパート・ドライバー・サービス)(R)について

あわせて読みたい

角川武蔵野ミュージアムが8月1日にオープン。こけら落としは「隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生 ― 石と木の超建築」
美術手帖
専門家と都内名建築を巡る、子ども向けツアー「タクシーde建築めぐり for キッズ」夏休みに運行
PR TIMES
第一園芸×日本交通「お花見タクシー2020」運行! 第一園芸が厳選した桜の名所を巡るコース作成を監修
PR TIMES
隈研吾展、東京国立近代美術館で7月に開催へ
美術手帖
日本交通×第一園芸「お花見タクシー2020」運行! カジュアルな発着地固定2時間コースをご用意!
PR TIMES
【ザ・キャピトルホテル 東急】隈研吾トークショー 2020 ~ホテル開業10周年を彩る特別企画~
PR TIMES
保存建築に新たな光が降り注ぐ「KITTE」隈研吾が暮らす神宮の杜
Discover Japan
「消える建築」を求めて――隈 研吾の挑戦<前編>
SPUR.JP
木の柔らかなぬくもりと街並み表現した「ONE表参道」隈研吾が暮らす神宮の杜
Discover Japan
都内最大手「日本交通」直営事業所のセダン1,500台全車「JPN TAXI」へ切り替え完了
PR TIMES
全国市町村最多の第6弾!!隈研吾氏設計の施設が茨城県境町に建設決定!中心市街地活性化「まちかどカフェ(仮)」プロジェクト、設計発表記者会見を開催します
PR TIMES
建築家 隈研吾 未来と伝統の麻布十番のインターセクションに新たなシンボルとなる『ゆらぎ』をつくる「麻布十番開発プロジェクト─街の象徴となる開発─」一の橋交差点に10月22日オープン 〈テナント募集中〉
PR TIMES
一度は訪れたい! 有名建築家が手がけた 海外の名建築めぐり『日本人建築家が建てた、海外の美しい建築』を10/19に発売
PR TIMES
日本のレゴ、美しい「杉のつみき」
WIRED