球磨川の悲劇を繰り返さないために。なぜ日本の水害対策は「命を守る」視点が欠けているのか?
HARBOR BUSINESS Online
2020.09.28 08:33
 2020年7月豪雨は、各地に深刻な被害をもたらしました。熊本県では、球磨川の本流・支流で氾濫が起こり、流域の人命、財産が失われました。球磨川中流にある特別養護老人ホーム・千寿園では14人の方が亡くなりました。
 気候危機の時代にあって、こうした水害は今後、全国で発生する可能性があります。水害を防止し、または少しでも小さくするために、何が必要なのか? 『日本の堤防は、なぜ決壊してしまうのか? 水害…

あわせて読みたい

被害がなかった上流域との比較でより明確になった「野村ダム」下流域の被害
HARBOR BUSINESS Online
豪雨が来たら気をつけたい。専門家が選ぶ「危険なダム ワースト10」
HARBOR BUSINESS Online
肱川大水害で最大級の被害地域で見た、無治水の惨状。ダム偏重による行政の倒錯と怠慢が生んだ人災
HARBOR BUSINESS Online
川辺川ダムが建設されていたら災害は防げたか~九州豪雨
ニッポン放送 NEWS ONLINE
ダム偏重政策が招いた「肱川大水害」。今こそダム建設継続より肱川の河道改修に全力を投じよ
HARBOR BUSINESS Online
死者50人を出した倉敷市真備地区の被害の要因!? 高梁川上流・河本ダムの「異常放水」
HARBOR BUSINESS Online
治水の5大手法が「簡単だからこそ」難しいワケ
東洋経済オンライン
「もう力尽きた…」中国・三峡ダムの“悲劇”と日本排除の“黒歴史” | 危機を脱したのは本当? 日本は“不幸中の幸い”だった?
COURRiER Japon
100年後をにらんで安全な所に住宅地を作る
Wedge[国内+ライフ]
三峡ダムから考える「世界は中国にどう向き合えばいいのか」 | 仏歴史学者が提言
COURRiER Japon
「老朽ダム維持管理」の時代でも、必要性の怪しい新規ダム建設は止まらず
HARBOR BUSINESS Online
千曲川の台風被害は、「ダム最優先・堤防強化二の次」の治水政策が招いた”人災”
HARBOR BUSINESS Online
「ダム最優先・堤防強化二の次」の治水政策で強行される、石木ダム建設
HARBOR BUSINESS Online
肱川水害はダム最優先の治水行政による行政資源の配分の失敗の産物
HARBOR BUSINESS Online