中国500年の治水に代わる新しい「海綿城市」構想とは? | 三峡ダム的な治水では悪化する都市の浸水に対処できない
COURRiER Japon
2020.09.07 06:26
年々ひどくなる洪水に悩まされる中国。この夏は近年で最大規模の被害が出た。長江中流域にある三峡ダムも最高水位を超えて、世界をハラハラさせた。


その三峡ダムの上流にある重慶市ではいま、新たな治水事業が進んでいるという。そこから見えてくる中国の治水をめぐる変化とは? 現場からの貴重なレポートをお届けする。


重慶市のなかでも長江の真下にある老街のぼろ屋が立ち並ぶ地区で、店主のリウが7月の度重なる洪…

あわせて読みたい

間一髪!「三峡ダム」長江の洪水で建設以来の最高水位164m超に | 次は耐えられるか、洪水対策になっているか─再び議論の的に
COURRiER Japon
日本のメディアが絶対に報じない、中国・三峡ダムの真実…
現代ビジネス
「三峡ダム」報道で見落とされている中国の洪水の経済リスク | 米経済メディアコラムニストが「お金の流れ」に着目
COURRiER Japon
老朽化したダムを数多く抱える中国は「未曾有の洪水危機」を乗り越えられるのか | 三峡ダムも制限水位を大幅に上回り…
COURRiER Japon
中国の記録的な洪水、その背景とは?
AFPBB News オススメ
三峡ダムでは対処しきれない… 米紙が中国の洪水被害を報道
COURRiER Japon
三峡ダムから考える「世界は中国にどう向き合えばいいのか」 | 仏歴史学者が提言
COURRiER Japon
「三峡ダム」を作った中国企業がアフリカ・コンゴでダム建設 | 安全性に問題はないのか
COURRiER Japon
中国・長江流域の洪水、1500万人が避難
AFPBB News オススメ
長江の三峡ダム、洪水対策で放流を実施 中国
AFPBB News オススメ
中国南西部の洪水、「楽山大仏」の足にも届く 10万人以上避難
AFPBB News オススメ
じつはアツかった! マイニングで大儲けの中国ビットコイン事情
COURRiER Japon
治水の5大手法が「簡単だからこそ」難しいワケ
東洋経済オンライン
母国で夢をかなえるため、続々とシリコンバレーを捨てる中国人|「竹の天井」より大気汚染のほうがマシだ!
COURRiER Japon