一人でも多くの東北大学の学生に教科書を届けたい!
CAMPFIRE
2020.09.01 03:38
新型コロナウイルスの影響で生活が困難になり、教科書を購入する余裕のない東北大学の学生に向けて書籍の割引を行います!これからの未来を創るのは大学生をはじめとする若い世代です。彼らの過ごす未来が少しでも明るくなるように、皆様の力をお貸しください!!
【はじめに・ご挨拶】
 初めまして!東北大学生活協同組合と申します!(以下、東北大生協と省略いたします。)
私たちは東北大学の学生や教職員の福利厚生を担っている組織です。
学生の入学から卒業まで幅広くサポートを行っています。
【プロジェクトをやろうと思った理由】
 新型コロナウイルスの影響により、学生の生活は大きく変動しています。特に大学生活にかかる費用面の影響が大きく、親の収入が減少し仕送りが減った、アルバイトが制限され生活ができないという切実な声が増えています。学生が食費や教材費を切り詰めなければ大学生活を送れない状況は、福利厚生を担う立場として見過ごせない事態になっています。
このような状況下において、私たちは、負担が大きいであろう教科書などの書籍を割り引くことで少しでも学生の負担を減らしたいと考えました。しかしながら、東北大生協も新型コロナウイルスの影響を受けており経営もとても厳しい状態です。そのため、クラウドファンディングを利用して皆様の力をお借りし、一緒に学生を支えたいと思いこのプロジェクトを立ち上げました。


~大学生の切実な声~
・コロナの影響で全くバイト先が開かず収入が 4 月 1 日以降ゼロで生活が苦しい。大学の教科書は自分で払っており、授業費は月々自分で返したりしているので収入がゼロ だと厳しい。 (私立大2年生女性・自宅生)
・コロナの影響でバイトがクビになって収入が減ったにも関わらず、親が学費を払って おり、学校からの支援を受けられず困窮している。学費は払ってもらっているが光熱費や水道代などを自分で払っているので生活が安定しない。(国立大1 年生女性・ 一人暮らし)
・週に数回の数時間しかカフェのバイトに入れていない。学費の一部、交通費、携帯代を払うための十分な収入がない。バイトを掛け持ちしたいが募集がないため始められない。(国立大1年生女性・自宅生) 
・家庭が貧しいため、学費を全部自分で払わなければならないのだが、収入が減ってしまい、アルバイトを掛け持ちして深夜まで働いても全然足りない気がする。早くもアルバイトが学業に支障を与えはじめている。(国立大1年生女性・自宅生)
・アルバイト収入がないため、学費用の奨学金を切り崩して使うしかなく、来年度からの学費が賄えるか心配 。(私立大2 年生女性・自宅生)
出典「全国大学生協連 2020年5月緊急!大学生・院生向けアンケート」


【資金の使い道】
 支援いただいた資金は10月に販売する教科書を含む書籍の割引に充てさせていただきます。
通常東北大生協では書籍を5~10%引きで販売しております。
今回いただいた支援金を利用し、通常割引に上乗せした15%引きで販売をいたします。
(一部対象外になる書籍もございます。)
↑東北大生協BOOOK(工学部購買書籍店)教科書売り場の様子
【リターンについて】
★リターンは8つご用意しております。
・1,000円A…お礼のお手紙+食堂レシピ+つぶグミ
・1,000円B…お礼のお手紙+食堂レシピ
・5,000円…お礼のお手紙+食堂レシピ+つぶグミ+普通カレー+怒髪天カレー
・10,000円…お礼のお手紙+食堂レシピ+普通カレー+怒髪天カレー+ミールレトルト
・100,000円A…お礼のお手紙+食堂レシピ+普通カレー30個セット
・100,000円B…お礼のお手紙+食堂レシピ+怒髪天カレー30個セット

~追加リターン~ リターンを追加しました!
・30,000円…お礼のお手紙+食堂レシピ+つぶグミ+オリジナルクッキー+普通カレー+怒髪天カレー
・50,000円…お礼のお手紙+食堂レシピ+つぶグミ+日本酒”萩丸”+普通カレー+怒髪天カレー
  ※お酒類を含むリターンは未成年の方はご購入不可となっております、予めご了承ください。
★リターンお礼品のご紹介
・大学生に人気の(大学生協限定)つぶグミ
・東北大学出身の方には懐かしい“貧食”の普通カレー、怒髪天カレー
・東北大学の学生が開発に携わった学生による学生のためのレトルトカレー(バターチキンカレー)
・東北大学大学院農学研究科が企画し、育種開発に卒業生が携わったお米を使用したオリジナル日本酒”萩丸”
・卒業式や入学式でも大人気の手土産にピッタリの東北大学ロゴマーク入りクッキー(19個入り)
★リターンの送付は11月を予定しております。
↑大学生協の購買店でしか手に入らないつぶグミ!
【最後に】
最後まで読んでいただきありがとうございます。
これからの未来を創るのは大学生をはじめとする若い世代です。
彼らの過ごす未来が少しでも明るくなるように、皆様の力をお貸しください。
よろしくお願いいたします!

★2020年8月31日(月)河北新報に本プロジェクトの記事が掲載されました!

東北大学生活協同組合 さくらショップ
販売免許番号  仙台中法第3225号 


※本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

あわせて読みたい