木村カエラの著書に夫・瑛太が涙。“母になると自分を失う”悩みも赤裸々に

女子SPA!
2020.08.06 15:45
 6月23日に発売された、木村カエラ(35)の初エッセイ『NIKKI』(宝島社)。
 彼女の日常が日記形式で綴られた本作を読んで、夫の永山瑛太(37)は「冒頭から何度も嗚咽した。涙がとまらなかった」「日本中の皆さんに読んでほしい!!」と自身のインスタグラムでベタ褒めしています。
 身内にここまで絶賛されるなんて、どんな内容なのか気になりませんか? 「ダ・ヴィンチニュース」(KADOKAWA)でも書…

あわせて読みたい

エハラマサヒロ「妻の後ろにドラクエのようにくっついている(笑)」その意味と隠された真意とは?
with online
「遠くへ出かけて人生を見直そう」家族のことを見て見ぬフリしてきた主婦の発見 - 人生の土台となる読書
ダイヤモンド・オンライン
無駄づくり発明家の藤原麻里菜さん、あえて無駄なものを作り続けるその理由とは!?
UR LIFESTYLE COLLEGE
「いい夫ぶるのも、いい加減にして!」完璧な男なのに、妻がイラつく理由
東京カレンダー
コロナ禍のアプリ婚は、間違いだった。毎夜飲み歩く夫に妻は…
東京カレンダー
冬の住まいの悩みを解決!高コスパ「プチリノベ」最新事情
lifehacker
夫の浮気相手と三者面談。泣きながら「彼を愛していますか?」と聞かれ…
東京カレンダー
「夫の浮気くらいどーんと構えて許さなきゃ」姑の忠告に女は…
東京カレンダー
プロテイン含有。オーガニック食材にこだわった「リボンアイスクリーム」発売
PR TIMES Topics
「気持ちが冷めたから離婚したい」……薄情なのか?誠実なのか?
All About
エハラマサヒロの“ヘンな”夫婦関係「結婚生活12年、一度もケンカしたことがない」絶対に守る“あるルール”とは
with online
カローラクロスでのドライブ体験から曲が完成!さとうもかが夜の遊園地へ
トヨタ カローラ クロス
我が家に第二子誕生! 上の子も下の子も同じように愛したいから試行錯誤しています/聴こえないわたし 母になる
レタスクラブ
こんなにも手や目で話しかけてくれているのに…子どもの言葉が遅いと友だちから指摘されて/聴こえないわたし 母になる
レタスクラブ
antenna*
聴こえていれば息子だってすぐに分かったかな。誇らしくてちょっと切ない保育参観/聴こえないわたし 母になる
レタスクラブ
聴こえる子どもたちとの会話は度々つまずくけど、聴こえない人生結構気に入っています/聴こえないわたし 母になる
レタスクラブ
代表作「あたしンち」に込められた思い、漫画家としての原点。
UR LIFESTYLE COLLEGE
出会いから20年経っても喧嘩は皆無。家事と育児、仕事を両立する妻が夫婦円満のために課しているマイルールとは?【イマドキ夫婦十人十色vol.12小口さゆりさん夫婦の場合】
with online
「ごめん、魔がさした」秘書と密会を匂わせるLINEが…
東京カレンダー