スマホに触れずに簡単操作、コストパフォーマンスを追求した“自撮り棒”内蔵、ポケットサイズのスマホ用ジンバル「Vimble ONE」を予約販売開始、税込5,940円
PR TIMES
2020.07.06 13:31
株式会社TS TRADE
最軽量186グラムながらも最大耐荷重は250グラムとiPhone11 Pro MAXにも対応

アクションカムから一眼レフ、スマートフォンの3軸ジンバルを展開するカメラメーカー「フェイユーテック」の日本総代理店TS TRADE(本社:宮崎県延岡市、代表取締役:河崎 聖輝)は、2020年7月3日(金)より、自撮り棒内蔵型で折り畳みが可能なポケットサイズのスマホ用ジンバル「Vimble ONE(ビンブル ワン)」をFeiyu Tech公式通販サイトにて予約販売(税込5,940円)を開始したことをお知らせします。
自撮り棒内蔵、スマホ用ジンバル「Vimble ONE(ビンブル ワン)」
フェイユーテックは、2019年12月に自撮り棒内蔵型のスマホ用3軸ジンバル「Vimble 2S」(税込13,750円)を発売、このたび新たに発売するVimbleシリーズ「Vimble ONE」は、重量186グラムと軽量化、最低限必要な1軸補正としながらも、内蔵型ブラシレスモーターで強力に静止画、動画のブレを防ぐことを実現しました(水平フォローモード搭載)。サイズは、スマホと同等サイズ(13センチメートル)にまで折り畳みが可能、ポケットに入るほど持ち運びにも便利です。18センチメートルまで伸縮するロッドを調節することで、“ジンバルが付いた自撮り棒”へと変身。風景を撮影しながらのブレが無いライブストリーミングや自撮り撮影を楽しめます。
またBluetooth接続によりスマホカメラを起動。スマートフォンに触らずボタン一つでスマホカメラの操作が可能となります。カラーは、ファントムダークとピンクの2色。ミニ三脚も付いて価格も5千円台とコストパフォーマンスにも優れており、自撮り棒に慣れた若年層やジンバル初心者、そしてライバーまで、幅広い利用が見込める自撮り棒ジンバルです。
最大18センチ伸びる自撮り棒ジンバル
現在、Feiyu Tech公式通販サイト(
)にて先行予約販売を開始、通常価格より10%オフとなる税込5,940円で提供しています。また7月3日により開始したGREEN FUNDINGにて、VLOG撮影に最適なスマホ用ジンバル「VLOG pocket 2」とのセット販売も実施中です。

●Feiyu Tech公式通販サイト:
●「Vimble ONE」GREEN FUNDINGページ:
※オープニング企画、「Vimble ONE」「VLOG pocket 2」とのセット購入が最大24%オフとなるキャンペーンを開催中。2020年7月3日10時から8月31日23時59分まで。

「Vimble ONE」は、予約販売を終了後、今年の年末商戦に向けて全国の家電量販店などで一般販売を開始する予定です。

■「Vimble ONE」、その他の機能と特徴
・撮影中でもホルダーを回転させることで縦撮影、横撮影の切り替えが可能です。
・自撮り棒の伸縮ロッド(最大18センチ)は4段階まで調節が可能です。
・ジェスチャーコントロール機能が追加。「V」や「手のひら」といったジェスチャーを使うことで誰かの助けを借りずに素早く写真や動画の撮影が可能です。
・1ボタンで風景モードとポートレートモードを1秒で切り替えられるため、Tiktokやパノラマ撮影が可能なアプリPanoramaなどに最適です。
・純正のカメラアプリや人気のビューティーカメラアプリを直接操作でき、様々な使い方に対応。
・アプリ「Feiyu ON」を利用することで、自動接続、ジェスチャーコントロール、ヒッチコック・ドリーズーム、画像のオーバーラップ、光トラッキング、静止画タイムラプス撮影をはじめ、他にも様々な機能が利用できます。
・最大6時間駆動のバッテリーで1日中使用可能です。
アプリ「Feiyu ON」を利用することで、ジェスチャーで撮影可能
アプリ「Feiyu ON」を利用すればヒッチコック・ドリーズームも可能
■「Vimble ONE」スペック情報
税込価格:5,940円(通常価格、税込み6,600円)
本体サイズ:展開時:241×68.2×51.9ミリメートル、折りたたみ時:130.4×63.1×58ミリメートル
重量:186グラム(内蔵バッテリー含む。アクセサリーやスマートフォンなどは除く)
対応機種:幅41ミリメートル~89ミリメートルのスマートフォン(iPhone全シリーズ、Huawei P30 proなど)、6.6インチ以下のAndroid端末にも対応
最大耐荷重:250グラム
動作モード:機能ボタンのシングルクリックでロックモードとロールフォローモードを切り替え
回転範囲:+68度~-255度(風景モード)、+148度~-165度(ポートレートモード)
カラー:ファントムダーク、ピンク
最大駆動バッテリー:6時間
充電時間:2時間、5V/2Aアダプターの使用推奨(急速充電は使用不可)
チャージポート:micro USB
通信関連:Bluetooth BT5.0接続
アプリケーション:Feiyu ON(Apple Store/Google Play)
拡張端子:底部に1/4インチネジ穴あり
同梱物:充電ケーブル1本、小型3脚 1台
「Vimble ONE」同梱物一式
■フェイユーテックについて
“ジンバルの可能性を拡げ、ムービー撮影の楽しさを世界へ、日本へ”
FEIYU(フェイユー)は、2007年8月に中国の風光明媚な都市、桂林に誕生しました。ドローンやファクトリーオートメーション分野で頭角をあらわし、今や中国を代表する精密機器ブランドのひとつに成長しました。フェイユーのめざすもの。それは優秀な人材が集う活気ある企業であり、つねに新たな挑戦をし続けること、そして革新的であることです。こうした理念に基づき、私たちが独自に開発した航空計器システムや、UAV オートパイロット、ジャイロスコープ搭載ジンバルは市場で高い評価をいただき、幅広く採用されるようになりました。2013年には、業界初の3軸手持ちジンバルの開発に成功。それはシンバルの新たな可能性の発見であり、ムービー撮影をより楽しむための提案でした。現在フェイユーのジンバルは機種も多種多様に広がり、中国国内はもとより、ヨーロッパやアメリカ、アジアで広く愛されています。2020年4月にクラウドファンディング(GREEN FUNDING)にて予約販売を開始(6月25日に終了)したカメラ付ジンバル「Feiyu pocket」は1億1,000万円を超えGREEN FUNDINGの上半期1位を獲得、日本国内のジンバル人気に期待が持てます。
TSTRADEは、今後も日本国内におけるジンバルカメラ需要を促進していくためのサービスや広報活動を展開し、引き続き新商品の投入を進めてまいります。

フェイユーテック公式サイト:
フェイユーテック通販サイト:
■株式会社TSTRADEについて
会社名:株式会社TS TRADE
本社所在地:宮崎県延岡市大瀬町1-5-7
代表取締役:河崎 聖輝
事業内容:輸入代理店事業/EC小売り事業/卸売事業/その他上記に付随する業務全般
国内取扱ブランド:
・フェイユーテック:
・Lanmodo(ランモード):
・iPong:
・Lenovoスマートウォッチ:

あわせて読みたい

Feiyu Techの超小型カメラ付きジンバル 「Feiyu pocket(フェイユーポケット)」が好調、予約販売1億円突破!
PR TIMES
落語家 林家けい木さん、コロナ渦をきっかけに生まれたテレワーク落語を披露!
UR LIFESTYLE COLLEGE
軽くて手のひらサイズ、操作が簡単なスマホ用3軸ジンバル「VLOG pocket 2」の予約販売が好調!女性層の購入3割増加、販売開始30日で2,500万円を突破!
PR TIMES
拡大するミラーレスカメラ市場に向けたジンバル入門編が登場!業界最安値、最軽量&高品質「AK2000C」税込29,800円でオンライン先行発売
PR TIMES
軽くて長時間でも疲れない、超小型115グラム、最大270分駆動バッテリー搭載、カメラ付きジンバル「Feiyu pocket(フェイユーポケット)」が“世界最速”で日本発売
PR TIMES
悪天候や夜の運転が苦手なドライバーの安全を守る フルHDドライブレコーダー機能付き自動車用暗視モニター「Lanmodo NVS Vast Pro」がクラウドファンディングで予約販売開始
PR TIMES
セルフィー、景観撮影、Vlog、使い方いろいろ!クラファンでバカ売れしたFeiyu Techの超小型カメラ付きジンバル「Feiyu pocket」
@DIME
カメラ商社TSTRADE、取引先をサポート、持続化給付金計算サイトを1日で制作、オープン
PR TIMES
FeiyuTech、InterBEE2019にて新製品を発表。当日はビデオグラファ―向けのセミナーも
PR TIMES
超小型115g!軽くて長時間でも疲れないカメラ付きジンバル「Feiyu pocket」
@DIME
ワンランク上の動画投稿を! ジャンル別・2020年にGoodだった「Vlogガジェット」11選
GetNavi web
スマホでの自撮りに便利なセルカ棒おすすめ12選!ワイヤレスタイプから三脚付きまで厳選
@DIME
FeiyuTech、最新一眼レフカメラ用ジンバル「AK4500」とスマートフォン用ジンバル「VLOG pocket」を同時発売開始
PR TIMES
ジンバルを使って撮ったスマホ動画ってちょっと感動モノかも
&GP