暮らしを彩る器を買いに 器屋さんがこっそり教える器ガイド|matka(群馬・高崎)
天然生活web
2020.06.30 20:00
日本には心惹かれる器をつくる作家が大勢います。作家と私たちの暮らしをそっとつないでくれるのが器屋さんです。群馬県・高崎市の、古い酒蔵の商店部分をセルフリノベーションした「matka(マトカ)」は、そんな器屋のひとつ。作家と直に交流するなかでたどり着いた、お薦めの作家をこっそり教えてもらいました。のんびりと丁寧な暮らしに似合う、長く使える器をお店の入り口にあるのは、昭和の面影を残す、印象的なガラスの…

あわせて読みたい

小旅行先で求めた美味しいパンの朝ごはん
暮らしとおしゃれの編集室
常備菜とおむすびの簡単朝ごはん
暮らしとおしゃれの編集室
高崎・前橋編vol.3 赤いギンガムチェックが愛らしい本格ガレットのお店「Café Le Cocon(カフェ ル ココン)」
暮らしとおしゃれの編集室
器屋さんがこっそり教える器ガイド|いつもの料理を特別に変える器がそろう、ももふく(東京・町田)
天然生活web
残り物が豪華に変身! 出汁茶漬け朝ごはん
暮らしとおしゃれの編集室
素敵な器を使った朝ごはんコラム、10月担当は「matka(まとか)」の吉井美晴さん
暮らしとおしゃれの編集室
使うほどにわかる「器のよさ」を伝えたい|とっておきの器の話/うつわ SouSou(愛媛・松山)
天然生活web
高崎・前橋編vol.1 季節のフィリングがギュッと詰まったスコーン「ヤマワラウ」
暮らしとおしゃれの編集室
独特な空気感をもつ西山光太さんと鷹尾葉子さんの器
暮らしとおしゃれの編集室
まだ見ぬ美しい‟色”との出会い 三笘修さんの器
暮らしとおしゃれの編集室
使い心地の良い器が生まれる窯元。 鳥取民藝を支える職人たちを訪ねて。手仕事の奥深さに触れられる、窯元巡りへご案内。
Hanako.tokyo
益子焼の若手作家『遠藤太郎』さんの器で食事が数倍美味しくなる方法
ippin
おうちご飯が映える食器が欲しいなら… 器のセレクトショップ「銀座日々」へ。
Oggi.jp
静かな器 竹花正弘さんの蕎麦猪口
暮らしとおしゃれの編集室