米海軍特殊部隊の名作 ブシップBuships腕時計が復刻
CAMPFIRE
2020.06.03 10:36
普遍的人気のミリタリー腕時計ブシップBushipsを復刻当時の腕時計を時計創り専門会社が忠実に復刻使いやすいクオーツムーブメントにて復刻
ミリタリーアイテムは普遍的でいつの時代も支持される、長年使える優れモノです。
軍装備品の中でも、とりわけ時計は任務遂行にあたり重要な支給品でありました。その為、腕時計製作の目的は明確であり、機能面・デザイン面・技術面に明示性、正確性、耐久性を伴わせる事でした。現代に於いても腕時計の目指すものであると言えるでしょう。
その軍物腕時計の中でも、不動の人気を誇るBUSHIPS WATCHブシップ腕時計を使いやすくまた忠実に復刻しました!!
BUSHIPS WATCH
Historical background-歴史背景-
BUSHIPS WATCH -ブシップウオッチとは?
BUSHIPSとはBureau of Shipsの略で艦艇局を意味しています。WW2時代に結成された米海軍特殊部隊UDT(Underwater Demolition Team)の隊員向けに開発&配給された特殊防水腕時計です。
1940年代から50年代にハミルトン社とエルジン社が製作し軍に納品していました。特殊任務遂行の為に創られた腕時計なのです。当時の技術で300フィートの防水性能があったといわれています。
※掲載写真は全て弊社の商品になります。
UNDERWATER DEMOLITION TEAM-米海軍特殊部隊UDTとは-
水中爆撃特殊チーム。WW1の戦術反省点より1942年米海軍と陸軍は水陸両用攻撃の必要性を重視し、共同でよりエリートで戦術的な人員養成所をフロリダに設立。陸揚げ浜の偵察、障害物や防御の位置を特定し、陸揚げ部隊を上陸させるために爆破・排除する部隊として発足しました。
後にアポロの宇宙飛行プログラムにて、宇宙カプセル・宇宙飛行士の回収支援部隊に割配属。また、今日米軍が世界に誇る特殊部隊ネイビーシールズUnited States Navy SEALsの前身でもあります。
BUSHIPS WATCH 復刻
Replica of the original U.S.N. BU WW2
Design-デザイン-
このBuships watchはエルジン社の復刻版になります。Buships watchは何度も復刻されてきました。しかし、その多くは裏蓋の形状を簡素化したり、風防ガラスの素材やベルト素材・ベルト幅を大きく変えていたりしています。弊社モデルは、ケース本体形状・文字盤及びベルトに至るまで全て出来る限りオリジナルのものに近づけました。
Watch body case-本体ケース-
当時のケース・形状をサイズをそのままにステンレスにて製作。直径約33mmと小ぶりのステンレスケースにリュウズキャップを入れても約44mmサイズ。リュウズキャップが大きくても特殊部隊が作業しやすいサイズに計算されています。
Crown-リュウズ-
Buships watchの最大の特徴は大きなリュウズキャップです。当時の技術では300ftの防水性能を維持する為の形状でありました。しかし、その独自な形状は数多の名作時計デザインと比べ特異なフォルムの為、大変な人気があります。
このリュウズキャップはその形状から、”キャンティーン”(水筒)との愛称があります。時計のリュウズに愛称がある程、このモデルは人気の名作と呼べるのでしょう。
リュウズを保護するネジ込み式のキャップは、バルブをひねって開閉できます。
Glass-風防ガラス-
オリジナルと同じくRの付いたドーム型のガラスになります。丸みを帯びた形状に削りだしで型を形成しています。
Dial-文字盤視認性-
本来のロリジナルに則した、白インデックス印字が際立つ、つや消し黒文字盤。これ以上の明示性はない色配分。
つや消し黒文字盤に、光の角度でしか見えない光沢黒にて”USN BUSHIPS"の印字。これ以上の時間明示を妨げない色配分はないでしょう。
いずれも際立った文字盤の視認性を示す事を徹底しています。
"USN BUSHIPS"とはUnited State Navy Bureau of Shipsの略でいくつか種類のあるオリジナルの文字盤にも同様に記載されているものがあります。
Index & Hands-時字と針-
1から12までの時字(数字部分)とドットは蓄光加工が施されています。また時針及び分針も蓄光になります。
Strap-ストラップベルト-
WW2初頭にはツーピースの革ストラップを使う事が多かったのですが、海軍では潮の影響で革がすぐに傷むことがわかり、ワンピースストラップによる強度のある綾織り布製ベルトが支給され、その後ナイロン製のワンピース・セーフティストラップが支給されました。
上:布地ストラップ 下:ナイロンストラップ
ストラップベルトはオリジナルに忠実に復刻したコットンチノクロスのベルトと機能性を重視したナイロンベルト(Natoストラップ)の2種を用意しております。両ストラップ共にワンストラップ(上下一体型形状)です。
Fabric strap-布地ストラップ-
オリジナルを復刻した強度のある綾織りの布製のワンピースストラップ(上下一体型)になります。またベルト穴も当時のものを参考に忠実に縫製しました。なんとも言えない味わいがあります。腕首周りサイズ約16.5cm〜20cm。
※汗及び経年劣化による色抜けいたします。
※糸のほころびが出ます。
Nylon strap-ナイロンストラップ-
NATOストラップと云われるナイロン製のグログラン織りのテキスタイルのベルトになります。熱帯でも汗に強く兵士達に好評だった事よりベトナム戦争時代以降使われています。腕首周りサイズ約15.5cm〜23cm。
Back of case-裏蓋-
オリジナル同様に10角形の裏蓋に深めの刻印。
BUSHIPS WATCH FOR
Any style in Any where
Buships watchは『スポーツシーン』『アウトドア』や『カジュアルファッション』アイテムにマッチし、その特徴的なデザインは一目を置かれる事間違いありません。
またその小さなボディは『オフィスカジュアルな服装』にも対応し、男女問わず装着していただけます。
Anyone else
・軍モノ時計好きで既にBushipsの本物アンティークを持っている方にも是非、普段使い用にお使いください。
・Bushipsをお持ちでない時計好きの方には、是非コレクションにミリタリーの名作を加えてください。
・他人とは違う時計をファッションアイテムとしてお求めの方にもお薦めいたします。
Attracts attention in the car also-ドライブシーンでも目を引く-
For Outdoor fashion also-アウトドアファッションにも-
Even for Business-ビジネスシーンにも- 任務は遂行しています。
for ladies also-女性にも-
Even for youth-若い世代にも-
To be wild-ワイルドに-
製品仕様
12時間クォーツムーブメント:日本製 ・携帯頻度(常温):平均日差15秒(基準)
時計ケース本体:ステンレスチール
使用電池:酸化銀電池 SR626SW ・電池寿命:約2年
防水10ATM(10気圧防水):日常防水レベルで、深水可能なダイバーウォッチのレベルではありません。
風防:ドーム型ミネラルガラス製
付属時計ベルト:
16mm幅布地コットンベルト(腕首周りサイズ約16.5cm〜20cm)
or
16mm幅ナイロンNATOベルト(腕首周りサイズ約15.5cm〜23cm)
1年間のメーカー保証が付きます。※外装$ストラップは対象になりません。納品時の機会面の不具合に対しての保証となります。
取扱説明書をお読みの上、正しくご使用下さいますようお願い申し上げます。
◆時計の合わせ方 リュウズカバーのスクリューキャップを緩め外し、 秒針が0秒の位置を指した時に合わせてリュウズを上に引き出し、秒針を止めます。 リュウズを回して時刻を合わせます。 正確に合わせるために、秒針を正しい時刻より数分前に進めてから逆に戻して正しい時刻に合わせてください。 時報と同時にリュウズを元の位置に押し込むと秒針が動き始めます。
◆電池交換について ・電池交換には特殊な工具と技術を要しますので、ご自身で裏蓋を開けずに、 必ず時計店、又は電池交換専門店にて電池交換を行って下さい。 電池が切れたまま長時間放置しますと、故障の原因となることがありますので、お早目に電池交換を行って下さい。
実行者の想い
株式会社モントルロロイは1893年創業、日本最初期の時計メーカーである『村松時計製作所』(現株式会社MIC)のオリジナル時計製作部門として発足いたしました。大手ジュエリーメーカー様や有名アパレルメーカー様の時計製作のお手伝いをする中、”いつの時代も愛される時計”をテーマに『村松時計製作所』オリジナルブランド”PRINCE"と"KEYFORD"時計の復刻を果たしました。Bugle alarm clockビューグルアラームクロックは米国ニューヨーク近代美術館MoMA shopに選ばれ、Grab table watchグラブテーブルウオッチは仏プランタンデパートオスマン本店の150周年アイテムとして採用販売されました。http://prince-keyford.com/
弊社は常々、伝統の”PRINCE"ブランド、クラシックに新しい要素を組み込んだ"KEYFORD"ブランドに加え新たなるマーケットを模索しておりました。”いつの時代も愛される時計”のテーマをブレずに新しく開拓したのが、今回辿り着いた軍モノ時計シリーズでした。ミリタリータイムピースは前記にもあるように目的は明確であり、機能面・デザイン面・技術面に明示性、正確性、耐久性を伴わせる事でした。現代に於いても腕時計の目指すものであると言えるでしょう。またミリタリーデザインはファッション界に於いても長年改良なされ愛され続けているモノです。
今回の”BUSHIPS腕時計”は”コックピットクロックELASPED TIME”に続く軍モノ時計第2弾になります。

あわせて読みたい