新型コロナウイルスのワクチンは、本当に早期量産できるのか? 加速する研究開発と、いくつもの不確定要素
WIRED
2020.05.14 12:30
新型コロナウイルスのワクチンの開発が、いま世界で100種以上も進められている。通常なら10年はかかるとされるワクチンの開発だが、それを1年未満にまで短縮することは本当にできるのか。もしできるとすれば、いったいなぜなのか。仮に完成したとしても、多くの人に公平に行き渡るのはいつになるのか──。いまだに多くの不確定要素が残る新型コロナウイルスのワクチン開発の現状についてまとめた。…

あわせて読みたい

新型コロナウイルス感染症の治療には、当面は「既存薬の転用」が現実的な選択肢になる
WIRED
新型コロナウイルスのワクチン開発は、いま実用化を目指して猛スピードで動き始めている
WIRED
ゲームで遊びながら身につく「考える」ための5つの力
HugKum
新型コロナウイルスを「抗体」で治療する医薬品の開発が、いま急ピッチで進められている
WIRED
変異株と闘う世界で進むワクチン接種、3回目の追加接種を模索する動きも:新型コロナウイルスと世界のいま(2021年4月)
WIRED
子どもの想像力や好奇心を刺激する「ハッピーセット」
HugKum
新型コロナウイルスのワクチンを「数カ月」で完成させる:英研究チームが挑む史上最速の量産への道のり
WIRED
「新型コロナウイルスのワクチン開発は加速できる」:エボラ出血熱ワクチンを開発した科学者が語る
WIRED
2021年6月13日(日)のテーマは「サスティナブル」。-- 環境月間につき、訓市的サスティナブル考 ---
J-WAVE
新型コロナウイルスの世界的流行は、どんな状況になれば「パンデミック」と呼ばれるのか?
WIRED
トランプ大統領の新型コロナウイルス感染症は、いかに治療されるのか? いま考えうる有望な選択肢
WIRED
まるで輸入車のようなムード。上質を纏うクルマ『GRヤリス』試乗レポート
antenna*
欧米でパンデミックの状況が悪化、次々に発表されたワクチンの効果は?:新型コロナウイルスと世界のいま(2020年11月)
WIRED
実録:新型コロナウイルスのワクチン治験で何が起きる? 接種の流れから副作用まで、実際に参加してわかったこと
WIRED
これは知らなかった!梅雨でもニオわせない洗濯術
antenna*
新型コロナウイルスを止めるべく、米国が「抗体」の開発を急いでいる
WIRED
欧米で始まったワクチン接種と「変異種」の出現:新型コロナウイルスと世界のいま(2020年12月)
WIRED
江口寿史さん、アイディアの源に吉岡里帆が迫ります!
UR LIFESTYLE COLLEGE
新型コロナに95%の予防効果「mRNAワクチン」とは何なのか
現代ビジネス
ポストコロナの世界が見えてきた米国、インドの回復者を襲う「黒い菌」の脅威:新型コロナウイルスと世界のいま(2021年5月)
WIRED