地頭のいい人≠アイデアマン。「問題解決」への最短距離のつくり方
lifehacker
2020.03.30 06:30
たとえば営業成績が悪かったとしたら、普通は「どうすればノルマを達成できるだろう?」と考えるのではないでしょうか?
つまり「早く問題を解決したい」と思った場合、人は「なにかいい手はないか?」とアイデアを求めてしまうわけです。
しかし、いくら時間をかけたとしても、突然ひらめきが降りてくるようなことはほと…

あわせて読みたい

仕事でイライラしないために意識しておきたいこと
lifehacker
テクノロジーと想像力が出会い、生まれる「レクサスのAMAZING」
LEXUS
トヨタ式「5W1H」はWHY×5。「なぜ」を5回繰り返して「真因」を探し出そう
lifehacker
問題解決力、思考力、説得力が高まる。ビジネスを数字で考える3つのメリット
lifehacker
仕事で効率良く成果を上げる。「段取り力」のために身につけたい2つの習慣
lifehacker
生産性0のムダ会議がなぜこうも減らないのか
東洋経済オンライン
「アイデア」はこの時代の貨幣。クリエイティブな頭を鍛える練習帳
lifehacker
そもそも「頭がいい・悪い」ってなに?脳を活性するアクティブ・メソッド
lifehacker
バレットジャーナル発案者が語る、生産性・マインドフル・意志力の重要性
lifehacker
【100%オンラインのBBT大学】炎の教員プロボノ!コロナ禍のビジネスパーソンに「思考の武器」を無償提供
PR TIMES
マッキンゼーの問題解決スキルが、感情のコントロールに応用できる理由
lifehacker
仕事が速くてミスのない人の思考整理術=「メモ」に関する3つのライフハック
lifehacker
リーダーには必須のスキル? 職場で「かたづけ指導」をするために必要な7つの心得
lifehacker
メールを書くなら「5つの縛り」を。仕事の無駄を省き効率化するためのポイント
lifehacker