宮古島で草木染め。織物に新たな価値を吹き込む「染織工房 timpab」

BE-PAL
2020.02.13 11:50
私が書きました! ライター 小林悠樹 宮古島在住フリーランス。1988年2月12日、神奈川県生まれ。新卒で冷凍食品会社に営業として入社。勤続5年で新しいことにチャレンジしたくなり独立&宮古島移住。フードコーディネーターの資格を持ち、特技は「買い物に行かないとな~」という冷蔵庫の状況から夕飯を作り出すこと。著書は『移住にまつわる30の質問』(キッカケ出版)。 沖縄は琉球の時代より、織物が盛ん…

あわせて読みたい

新潟伝統の夏着物 「越後上布」と「小千谷縮」をご存じですか?
婦人画報
人間国宝 平良敏子さん(100歳)。柳 宗悦氏が絶賛した「芭蕉布」を復興、今も現役
家庭画報
美容師たちの言葉が胸を打つ、ドキュメンタリームービーがいま話題に。
antenna*
染織作家を訪ねて 宮入映さんが紡ぐ「浮織・絹織物」の美 【後半 2/2】
婦人画報
人間国宝が語り合う着物と帯の今とこれから 鈴田滋人さん×佐々木苑子さん
婦人画報
RADWIMPS『SUMMER DAZE』MV制作は…文化祭のような楽しさを、野村訓市が振り返る
J-WAVE
古今東西 かしゆか商店【本場結城紬の反物】
Casa BRUTUS
人間国宝平良敏子さんの芭蕉布。膨大な時間と手仕事が美しい織物を生み出すまで
家庭画報
磯村勇斗さん、初めての作品は、自らが撮影、監督、出演した自主映画!?
UR LIFESTYLE COLLEGE
織物を解きほぐすことは、世界と向き合う新たなアプローチとなるか。中尾英恵評「世界の絣」展
美術手帖
女優・柴咲コウさんがまとう美しき芭蕉布のきもの
家庭画報
65万円のハンバーガー!? 海外で「リッチな食の体験」がブームに…なぜ?
J-WAVE
秩父発祥の絹織物「秩父太織(ちちぶふとり)」に新しい風を|伝統の技を次代に引き継ぐ女性たち
天然生活web
天然素材の優しさと、3人の作り手の感性が光る。夏に使いたい「ストール」
家庭画報
人生を支えたくれた人に感謝を伝える“瞬間”に感涙。その言葉とは?
antenna*
柔らかくて、涼しく、美しい。幻の近江上布はこうして織り上がる
家庭画報
島の恵みを伝える美しい染織物「吉野間道」
Mercedes-Benz LIVE!
GRAPEVINE・田中&西川、アメリカで体験した「ドライブ」の思い出を語る
J-WAVE
古今東西 かしゆか商店【刺し子織り】
Casa BRUTUS
「ほていや」が提案する秋の装い オリジナルの大島紬で 大人のお洒落を楽しむ
家庭画報