東京の「大水害」いつ起きてもおかしくない実状
東洋経済オンライン
2020.01.27 07:20
「ドアや壁、床などほぼ全面的なリフォームが必要で、地方に家を一軒建てられるほど費用がかかる」。

昨年10月の台風19号で、東京都大田区にある住宅の1階部分が浸水する被害にあった女性はこうため息をつく。

今でも「水が入ってきた瞬間」が忘れられない。仕事から帰る途中、激しく増水する多摩川を見ながら、「これはまずい」と思った女性は両親と子供を避難させ、夫と2人で家に残った。ドアの前に土嚢を積んでいる…

あわせて読みたい

ダム偏重政策が招いた「肱川大水害」。今こそダム建設継続より肱川の河道改修に全力を投じよ
HARBOR BUSINESS Online
「荒川氾濫、銀座水没」は本当に杞憂なのか
東洋経済オンライン
肱川大水害で最大級の被害地域で見た、無治水の惨状。ダム偏重による行政の倒錯と怠慢が生んだ人災
HARBOR BUSINESS Online
「西日本の豪雨災害は、代々の自民党政権による人災」河川政策の専門家、嘉田由紀子・前滋賀県知事が指摘
HARBOR BUSINESS Online
熊本豪雨で考える日本のダム。川辺川ダムがあれば被害は防げたのか?
HARBOR BUSINESS Online
球磨川の悲劇を繰り返さないために。なぜ日本の水害対策は「命を守る」視点が欠けているのか?
HARBOR BUSINESS Online
道路や橋など社会資本の老朽化は大きな問題だ
東洋経済オンライン
水害大国・日本、じつは「浸水危険エリアに住む人」が激増していた…!
現代ビジネス
「まだ大丈夫」は危険!水害時に適切な避難行動を取るために知っておきたいこと
Sumai
台風19号で浸水、埼玉・東松山の被災者はいま
東洋経済オンライン
中国・長江流域の洪水、1500万人が避難
AFPBB News オススメ
テレビ災害報道の限界を超えた台風19号の猛威
東洋経済オンライン
憂国呆談 season 2 volume 114
sotokoto online
被害収まらぬ中飛び交う「ダム翼賛論」が間違いである理由
HARBOR BUSINESS Online